イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

モザイクタイル in JAPAN

●日本にも、すごいモザイクタイルの空間がある。それはスペイン料理のレストラン。埼玉県の川越市にある「西班牙市場」。初めて訪れたのは98年だからもう7年も前になる。その後2000年にもお邪魔している。しかし、それから時間がたっているので、内装や店には変化があったかもしれない。それを前提に、今回は当時の驚きをご紹介したい。

●店の広さは体育館くらいある。事情あって、その内装すべてをオーナーとスタッフで手作りで仕上げることになった。材料はほとんどが瓦、土管、古材、料理に使った貝殻など「不要になったもの」である。テーブルや椅子もすべて手作り。そのスケール、ディテール、独創性など、すべてがぶっ飛んでいた。

●床や壁はモザイクで仕上げていた。近所の人やお客さんも手伝ってくれた。2回目に訪れたときは、カンカンカンカンと外で瓦を割っていた。オーナーとスペイン人のシェフたちだ。暑い昼下がり、腰に蚊取り線香を下げてひたすらカットしていた。店は進行形で作り続けており、当時は銀座に出す店の準備もしていたのだ。料理を作ろうと思ってきたシェフたちも、タイル作りに精を出していた。

●また料理が旨い。それもそのはず、オーナーは本場スペインのパエリアコンテストで日本人で初めて優勝した人で、内装の資金を捻出するために、当時もイベントに出かけては大鍋でパエリアを作っていた。圧倒されつつ、心地よく食と空間を楽しんだ。

●あと日本のタイルの聖地、愛知県常滑市のINAX「世界のタイル博物館」周辺には貝殻や木の葉を埋め込んだ小道のあるトイレパークがあります。大好き!!!タイル博物館。ガラスケースに顔をくっつけて必死で見ました。そろそろ再訪したいな〜。
by orientlibrary | 2005-09-28 23:59 | タイルのデザインと技法