イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

シャーヒズインダの滴形モザイクタイル

以前、仏像の光背からタイルに広がる連想について書いたことがありました。サマルカンドのシャーヒズインダ墓廟群やグルエミルなどのタイルを見ていると、ティムール時代のタイルに、この滴形のタイルがとても多いことに驚かされます。

イスラム美術の泰斗である杉村棟先生も、「中央アジアにおけるティームール時代の建築遺構と装飾タイル」(『シルクロード学研究・7/1999)』)の中で次のように指摘されています。

* 「 (モザイクタイルは)個々の技法の中で最も複雑精緻で洗練されている。たとえば花瓶から草花が生え出ているデザインや銘文など」

*「色彩は共通して濃い青が基調をなす。これを地色として淡青、黒、緑、白、褐色などが使われている。この傾向はシャー・ルフの時代まで続く」

*「中央アジアのモザイクタイルには涙滴形、牡丹のような花が特徴的である」

個人的な好みとしてとても惹かれる滴形、今回は、シャーヒズインダの滴形モザイクタイルを集めてみました。


e0063212_2346388.jpg



e0063212_23465555.jpg



e0063212_2347448.jpg



e0063212_23471215.jpg



e0063212_23472158.jpg



e0063212_23481097.jpg



ティムール時代のタイルって、本当に花模様が愛らしい。色合いもピンクがかった白があるせいか、淡さも漂います。広大な帝国を築いた武将の時代の繊細で可愛らしい花模様に、いつも感心します。
by orientlibrary | 2009-11-22 23:56 | ウズベキスタンのタイルと陶芸