イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

真夏のウズへ

ちょこっと残暑、そして朝晩は肌寒い、今年の夏は最後までよくわからない天候でした。
そんな日本から、パッキリ夏してる(はずの)ウズベキスタンに行ってきます。

ムガルの本、イランの庭の本、読みたい本を入手したものの、そのまま、という日々。
なんだかあわただしく、じっくりスタディできず、せっかく遊びに来ていただいているのに、すいません!
秋は落ち着いて、、と、といくかどうか。どんな秋になるのでしょうか。

またしても写真だけの更新になりますが、ウズベキスタンの雰囲気を味わっていただければと思います。


e0063212_17444231.jpg
(自分では好きな写真。ウズの林檎と赤いチェックがカワイイ☆)


e0063212_17453345.jpg
(ウズの杏の林。ゆりかごが風に揺れる)


e0063212_17461056.jpg
(職人さんの紹介。コーカンドの博物館にて。こういうのを見るとうれしくなる。さすがウズ!)


e0063212_17465530.jpg
(絹織物で有名なマルギランの工房。絣の織り模様のデザイン。先染めしたあと織っていく)


e0063212_17481178.jpg
(リシタンの町のはずれ。廟。コミュニティで守っている)


e0063212_17485585.jpg
(フェルガナに雨が降る。急な雨でも熱心に野菜販売。買う側も雨をものともせず、しっかり交渉。水の少ないフェルガナに雨は恵み)


e0063212_17501448.jpg
(リシタンの路地裏。生活感がしみ出してくるよう)


e0063212_17505623.jpg
(リシタン陶器。青と緑が鮮烈。大胆でおおらかな線が好き、いいですよねえ、、)


1週間ほどですが、行ってきます☆
by orientlibrary | 2009-08-25 17:57 | ウズベキスタンのタイルと陶芸