イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

日本の夏、フォトメモ風

●あっという間に7月も終盤です。なかなか更新できずに日がたってしまいました。ここでぜひビシッと何か書きたいのですが、今回もふらふらっとしたものに、、なんでもありの、日々のメモ少々です。ゆるゆるとごらんください。

●まずは本から。↓『THE MAJESTY OF MUGHAL DECORATION』(Thames&Hudson)。某書店の洋書コーナーで見つけて欲しいなあ〜!と思ったら、値段が12000円ほど。高いし、重いし、あきらめて帰り、いちおうamazonをチェック。するとなんと5400円ほど!(たぶん。はっきり覚えてない)。やった〜!まだよく見ていませんが、充実の内容に喜んでいます。

e0063212_22424030.jpg


●↓こちらは先日開催された「歌の時代は終わったのか?中央ユーラシアおよび近隣における口承文芸の歴史的役割」という研究会の中で紹介された本=中央ユーラシア各地のチュルク諸民族に伝わる物語『アルパミシュ』の表紙です。バローチーのブラーフィー英雄譚、ニヴフ民族の歴史的伝承、ホタン人の殉教歌謡など、魅力的なお話の連続でした。

e0063212_2243635.jpg


●飛んで、お皿と食べ物です。↓は空豆があることからもわかるように2ヶ月くらい前の写真です。お料理上手のTさん、ウズベキスタンのお皿(青のもの)においしいお料理を盛りつけてもてなしてくださいました。Tさん宅は、食器として飾りとして、ウズ工芸品を暮らしの中で使いこなしていらっしゃいます。ウズ工芸活用見本のような、暖かさあふれるお家です。

e0063212_22432981.jpg


●↓はウズベキスタンの大皿使用例。Yさんから送って頂いた写真です。このお皿は直径53㎝。半端じゃない大きさです。ウズでは飾りとして、また結婚式のピラフを盛りつけるなどに使われるようです。Yさんは、青のお皿に笹を敷いて真っ白なおにぎり。お盆風の使い方が新鮮です。

e0063212_22435195.jpg


●皿シリーズ。↓は沖縄・読谷の作家さんの作品(東京での展示会)。コバルトブルーが爽やか。ウズの青を連想しましたが、白の中の青のバランスが日本の青だなあと思いました。

e0063212_2244124.jpg


●飛んで横浜へ。↓違法風俗店などがひしめきあっていたある街が変身しています。それは中区の黄金町。警察の摘発で立ち退きが相次ぎ空き店舗が目立っていましたが、昨年秋にアートフェスティバルが開かれるなどアートの街に。京急の高架下にスタジオや店舗がオープンしています。まだ少し怪しい気配が漂いますが、ステンレスや木の素材感とあまり違和感なく共存。川沿いでもあり、独特の雰囲気です。カフェではライブも。イベントもいろいろあるようです。

e0063212_22444894.jpg
(黄金町。高架下にステンレスのモダンな建物が並びます。雨の日で暗いですが)

e0063212_22454372.jpg
(ウッドとガラスが明るい感じのカフェとイベントスペース)

e0063212_22451645.jpg
(商店街にあるギャラリーでは新感覚の墨絵の展示。扇子に描いたり屏風風だったり、楽しい展示でした。作者は日本画を学んだ若い作家さん)

●日ノ出スタジオという建物の中にある「グリーンクラフト」さん↓で、ウズベキスタンのチャバン(男性の衣装)発見。裏地を見せるディスプレー、好き度が伝わります。日本の着物同様、裏を粋に華やかに。中央アジアのセンス、オシャレです。中央アジア、東南アジア、西アジアまでOさんセレクトの商品は見ていて楽しい!

e0063212_22484396.jpg
(ウズベキスタン、チャバンの裏地)

e0063212_2249412.jpg
(ウズのものもいろいろ)

東京墨田リバー。夜景です。夜景の苦手意識克服だ〜!と調子にノッてきたとき、シャッターが石のように動かなくなりました、、、気まぐれEOSちゃん、、それとも私の使い方に問題が?(たぶん、そうなんでしょう、、)。いずれにしても、2年半でこうなるの?使用頻度very very少ないんですけど。まだ買い換えたくないけど、、私の運命やいかに!?

e0063212_22495431.jpg
(屋形船=右下の赤い光のみ、、=と高層ビル)

e0063212_2250896.jpg
(南国風ですが墨田川沿いです)

●ぶつぶつひとり言のような文と下手な写真におつきあいくださって、どうもありがとうございました☆
by orientlibrary | 2009-07-29 23:02 | 日本のいいもの・光景