イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

古い写真で、旅しよう、シルクロードの街へ

シルクロードの古い写真を見ていると、人々の声や動物の鳴き声、街のざわめきなどが聞こえてくるように感じるときがあります。日本のガサガサした現実の中にいても、写真一枚で時空を超えた旅へ。せめて心は、あの蒼い空の下へ。

ウズベキスタンで買ったモノクロ写真。(下4枚)。サマルカンドでしょうか。シルクロードのオアシス都市、その活気が伝わってきます。


e0063212_21493581.jpg
(ラクダさん、お仕事中。どっしりしていて毛がふさふさ。路地の民家、けっこう木を使ってるんですね)


e0063212_21495535.jpg
(人が行き交うオアシス都市。自分もこの中に、す〜っと入っていきます、、)


e0063212_2150838.jpg
(アトラスが大胆。床の毛織物の模様も不思議でいいですね。頭に巻いているものは?ちょっと昔の日本のおばあちゃんのような風貌。親しみがあります。ドアの模様にも惹かれます)


e0063212_21502770.jpg
(床屋さんかな?町中での散髪ってアジアでよく見かけますよね。男性衣装や帽子が興味深い)


ウズベキスタンの古い写真集を、直接デジカメでバシャバシャ撮ったもの。(下3枚)。古くなるって、たとえ写真でも情報の奥行きが出てくるものなんでしょうか。趣きがあります。いろいろ考えたり想像したりするからかな。


e0063212_21532411.jpg
(シャーヒズインダ?建物内部壁面の模様。四角形と円、六角形の組み合わせ。イスラムらしい幾何学模様ですが、おおらかで、花のようにも見えてすてきです。カリグラフィーもおっとりして、きれい)


e0063212_21545431.jpg
(どこのものかわかりません。ペイント?黒がシック。左右のバランスが良く、でも自由な感じがして好きです。ムガルの灌木模様を彷彿とさせます)


e0063212_21562480.jpg
(私が斜めに撮った?写真集の写真が斜めだった?それとも、元々の建物が斜め?あり得ます。でも趣きあるなあ。好きだなあ。突き抜けて裏の景色が見えてません?)
by orientlibrary | 2009-06-30 22:05 | ウズベキスタンのタイルと陶芸