イスラムアート紀行

orientlib.exblog.jp

風のインド、花のインド

インドを書いた本が好きです。(あ、全部ではありません。いろんな本が出てますからね) 私の好きなインド本を出してきました。(引用して更新しようという甘い考え!) でも、どの本も、どのページをめくっても、心に沁みてくる文章、心地よさに包まれる文章で、迷ってしまい、、もうパッと開いたページに近いノリで選び、ほんの少しだけ書き出してみました。ね、インドに行きたくなりませんか!?

・・・・・・・・・・・・・・
e0063212_19321512.jpg
(ヒマーチャルプラディーシュ州/orientlibrary)


*** アショーカ、チャンパ、春 ***

「男の家は城門の脇の路地を数十メートル入ったところにあって、この辺りではめずらしく緑にあふれていた。遠くから庭のアショーカ大樹が見えた。明るい萌葱色の、その涼しげなはむらのあいだからは、珊瑚色の花房がいくつも下がっていた。門の前までいくと、塀の上からチャンパの花枝が張りだしていた。白い優雅な花が、ちょうど咲き始めたところだった。そのかぐわしい匂いを私はよく知っていた。荒涼とした無慈悲な大地にも春が来ているのである、彼は振り返り、微笑みながらその美しい花の名を言った」

■ 『喪失の国、日本』訳者の序より引用/M・K・シャルマ著、山田和訳/文藝春秋/2001年/ここに登場する「彼」が著者のシャルマ氏。とても触発的な素晴らしい文化論なのに本のタイトルが変で残念です。訳者の山田和さんの文章、この透明感がたまらなく好きなんですよね〜!!ふわ〜っとしてきます。

・・・・・・・・・・・・・・
e0063212_19581287.jpg
(ラジャスターンにて/orientlibrary)


*** 花、木、草 ***  

「私にとってインドの良さは都会より田舎にあった。その簡素な暮らしぶり、人と木や草との関わりあい方は、私がふだん何気なくしている行為の原点を見せてくれることが多かった。それまで私を、知らず知らずのうちに縛っていた日本の常識とか観念というたががひとつひとつ外れていくのは快感だった。インドという国で、さまざまのことを言葉とともに覚えていくことは、またたがの掛け替えでもあったが、それは子ども時代をもう一度やり直しするような楽しさがあった」

■ 『インドの樹、ベンガルの大地』より引用/西岡直樹/講談社文庫/1998年/西岡さんの『インド花綴り』には精密で美しい花の絵が満載。

・・・・・・・・・・・・・・
e0063212_2003791.jpg
(ラジャスターンにて/orientlibrary)


*** コンピュータ、牛、日記 ***

「実際のところ、インドは現在の日本しか知らない人間にとっては、驚きの多い社会である。街頭に立つだけで明らかにわかる貧富の差。牛の集団がハイウエイの中央分離帯で昼寝をしている風景。たびたびの予定変更や値引き交渉に現れる価値観のずれ。「召使」や「知識人」といった、現代日本では死語同然になった社会階層が厳然と実在している状況。いまになって日記を読んでみると、私が近代日本について知っている知識を総動員し、それとの比較でこれらの事象を解釈するというかたちで、その衝撃と対応していることがわかる」

■ 『インド日記 牛とコンピューターの国から』より引用/小熊英二/新曜社・2000年/デリー大学の客員教授として滞在した2ヶ月。ネットで日々原稿を日本に送信しながら書かれた本。2000年には、そのこと自体が新鮮に感じられた。インドが高度成長に邁進していた時期、しかしコンピュータカフェの前には牛がいる。見るもの聞くものに敏感に反応し、的確に素早く書きこんでいく。同じ24時間を生きていて、こんなにも多くのことを感受し、即時に文章化できるなんて、、感心します。

・・・・・・・・・・・・・・
e0063212_202747.jpg
(ラジャスターンにて/orientlibrary)


*** 風、美、幻想 ***

「夕暮れの屋上は、風が出て心地よかった。僕らは椅子に座り、屋上で夕涼みをきめこんだ。足元には赤唐辛子が干してあり、頭上にはあくまでも青く広い空が拡がっている。南天高く仄白い昼の月がかかり、辺りは鳥の声に満ちはじめていた。あちこちの白い石の家々の屋根では猿が戯れていた。広い家並みが遙かな丘陵に向かってなだらかに続き、その頂きには荘重な古い宮殿が眺められた。それこそ、十九世紀末のインド総督ジョージ・カーズンに「美中の美」と絶賛され、ウインザー城に比された、壮麗なマハーラーナー宮殿に他ならなかった」

■ 『インド・ミニアチュール幻想』より引用/山田和/平凡社・1996年/アトランダムにページを開いても、静かで深く、透明で温かな文章がつづられており、引用カ所を選ぶことができません。私の好きな屋上のシーン。視界の広がりがあります。私も夕暮れのウダイプルでなごんでいる気分。山田さんみたいな文章、書けるようになりたい。

・・・・・・・・・・・・・
e0063212_19334553.jpg
(ヒマーチャルプラディーシュ州/orientlibrary)
by orientlibrary | 2009-04-24 19:46 | インド/パキスタン